Archive

Night

この日の撮影は久々に燃えた。出かけるまで気がのらないとかって駄々こねてたけど、結局行ってみるとすごく燃えた。何でも善し悪し。自分の写真に対するスタンスも少し変わってきた。けど個々最近は今までより満足のいくものが撮れてる気がして、いわゆる調子がいいってやつ。何でも波がある。いい時も悪い時もあって、いい時も長い目で見たら悪いほうに分けられてたり、するのかも。悪い時も、まだマシって思えるほどの日が来てしまうのかもしれない。とりあえず、なにがあっても最後に「まあええか」って思えたらALL OKなんじゃないの。

創作活動に、師は必要ではない。死んだじーさんの受け売りだけど、事実だと思う。建築設計にしても、絵も写真も、参考は必要だけど、指導は基本的で普遍的な部分又は最低限のルールだけで良くて「ここをこうすれば良くなる」なんてのはおのおのが自分でやって結果が出た後で理解しないと納得がいかないもの。ああしろこうしろでかき回すだけの指導はむしろ害悪で、創作活動の中枢の中の中にある真髄、とどのつまりの自己満足って部分が成立しない。外部からの影響も大事だけど、色んな世界を見た上で自分だけのやり方を見いだせばそれはとても素晴らしい作品だと思う。

%d bloggers like this: